風俗業界で働く人必見!履歴書の書き方紹介サイト

風俗業界で働く人必見!履歴書の書き方紹介

怪しいドラマ

書き慣れることから

会社名は、株式会社、を会社名の前か後かもきちんと確かめて、正確に記載することが大切です。
住所は、都道府県から記載して、番地まで、正確でなければいけません。
字の大きさは、添付されている履歴書の書き方例などを参考にして、枠の中のバランスを見て、大きすぎても小さすぎても、見栄えが良くありませんので、研究して下さい。
名前の文字の間隔は、2文字からでも、文字数が少ないほど広めに開けて、横書きの枠の中でおさまるように、頭でイメージしてから書きましょう。
携帯電話番号や、メールアドレスを記入する際、周囲とのプライバシーを特に気にするのであれば、メールで連絡を希望します、と記入したり、連絡可能な時間帯も記入しておきましょう。

履歴書の書き方

学歴、職歴欄には、1行目の枠の中央にバランス良く、学歴、と書きます。
卒業の年などは、和暦か西暦表記に、どちらか統一して書きましょう。
学歴は、中学校は卒業から書いても良く、義務教育以降の高等学校は入学から記し、卒業まで書きます。
もし、中途退学がある場合は、簡潔に、家庭の事情により中途退学、と書きます。
空白期間があると、面接でかえって聞かれることがあるためです。
その後の行に続き、枠の中央に、職歴、と書きます。
職歴を、入社から時系列に記し、職歴の最後の、次の行に、現在に至る、と枠の左側から書きます。
退職は、一身上の都合により退職、等の書き方があり、詳細までは書きません。
賞罰がなければ、次の行の枠の右側に、以上、と書きます。


この記事をシェアする